鳥取市 環日本海経済交流センター

メールマガジン

TIEDEC(鳥取市国際経済発展協議会)NEWS Vol.69

TIEDEC(鳥取市国際経済発展協議会)NEWS(^^)

 Vol. 69 平成31 年 3月 5日配信

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

┏┓

┗●━ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.   「中国延辺州企業団と鳥取市企業交流会-参加企業を募集中」~

2.   「鳥取市外国人留学生地域就労支援事業」の展開について~

3.   2月22日に「鳥取中央郵便局DMO会議」に参加することについて~

4.   鳥取出身の神戸市外国語大学の学生はモスクワで一年間留学する!

5.   中国大手旅行会社CTRIP JAPANを訪問、鳥取市をPR

6.   今、環日本海

7.   【一期一語】一緒に外国のビジネス用語を楽しく覚えましょう~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1┃「3/27日 中国延辺州企業団と鳥取市企業交流会-参加企業を募集中」~

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国吉林省延辺朝鮮族自治州経済貿易訪問団は来月(3/27日)鳥取市を訪れ、鳥取地元企業と交流会を行う予定です。今回の訪問団は延辺州商務局局長を初め、政府関係者6名及び延辺州企業12社が参加する予定です。中国側参加する企業は、商社、食品関係会社、水産物関係会社等があります。

せっかくのチャンスですので、中国展開を考え中の企業はもちろん、これから、中国市場の情報を収集したい企業、中国の企業と交流したいという思いがあれば、是非、交流会に参加してください。

時間: 2019/3/27日  15:30~17:30まで

場所:鳥取市内(後日連絡)

興味がある方は、是非、気軽に当センターへ申込をしてください。

電話:0857-30-4606 担当:中国コーディネーター フー

メール:info@tiedec.jp

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2┃「鳥取市外国人留学生地域就労支援事業」の展開について~

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年度からスタートされた「鳥取市外国人留学生地域就労支援事業」が予定通りに進んでいます。184月から、鳥取大学と公立鳥取大学の留学生にアンケートを取ったり、鳥取市国際経済発展協議会の会員である企業を訪問してニーズを確認したりしてきました。

 

そして、留学生向けにビジネス日本語とビジネスマナーをしっかり勉強するためのセミナーを開催して、企業向けに「留学生インターンシップ受入れ準備セミナー」を行いました。当センターでは現在、留学生のベトナム人2人と中国人、韓国人各1人が(全部合わせて、4人)鳥取の企業でインターンシップを受けられるよう手続きをしてきました。

中国人留学生は、222日から「ブリリアントアソシエイツ」(株)に7日間インターンシップを受けることが出来ました。インターンシップ期間中に東京の新橋にある「とっとり・おかやまアンテナショップ」でピンクカレーなどの宣伝キャンペーンにも参加することができました。そして、中国人向けのアンケート調査も実施し、その結果に基づいて、ピンク商品が将来中国に進出する際の市場提案書を作成しました。

ベトナム人留学生は、225日から31日までに「リバードコーポレーショ」(株)でインターンシップを受けることができました。インターンシップ最後の日にベトナム人留学生の結果発表を聞いたら、このベトナム人留学生が今でも入社できれば全然違和感がないと考えました。そこまで留学生は会社に溶け込むことができました。「川口グループ」の社長も「今回のインターンシップが大成功で完成しました。外国人のインターンシップ受入については今後も継続して行っていこうと思います」と仰いました。川口社長のインターンシップに関してのご感想は当センターのために非常にインパクトのあるお言葉でした。励みになりました!

当センターのスタッフは、インターンシップ期間中に留学生と企業と緊密な連絡を保っていました。我々は、同じ外国人の立場で留学生の不安とか緊張感をなくなるために色々相談したり、随行したりしています。3月にもインターンシップ事業が行われています。3月に留学生は「オールランド」(株)と「ブリリアントアソシエイツ」(株)でインターンとして入ります。終わりよければすべて良しだから(笑)、まだ2人留学生もスムーズにできるかと言えないが、今年度のインターンシップ事業が無事に終わるように精一杯頑張っていきたいと思います!

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃3┃2月22日に「鳥取中央郵便局DMO会議」に参加することについて~

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月22日に当センターのスタッフは「鳥取中央郵便局DMO会議」に参加することが出来ました。「インバウンドに向けて~郵便局の役割と課題~」について発表をしました。発表をする前に知り合いの外国人の間に「旅行をする時にどんな目的で向こうの郵便局を利用していますか?」というプチ調査を行いました。調査結果とこれからの郵便局の課題と役割につて1時間語りました。

鳥取中央郵便局の見学もできました!郵便局さんの作業を中から拝見して、感動して、鳥取中央郵便局の大ファンになりました。そして、どうして郵便番号を必ず書かないといけないということも分かりました!:-)

http://www.tiedec.jp/news/2254.html

 

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃4┃鳥取出身の神戸市外国語大学の学生はモスクワで一年間留学する!

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、鳥取市国際経済発展協議会の会員の皆さんに鳥取出身、神戸市外国語大学の学生を紹介したいです。市来さんと初めて出会ったのが、去年の9月でした。色々鳥取の活性化、日露関係などについて話出来て、鳥取市には市来さんのような活発で、優秀な若者がいる限り鳥取は将来があると考えました。

市来さんは国の奨学金制度に合格することが出来て、今年の4月から正式に国から派遣された留学生としてモスクワで1年間勉強することができるとのことですが、会員の皆さんがモスクワなどについて鳥取出身の人の目で感じた「ビジネスチャンス」などについて「生の声」を聴きたいだったら、是非当センターにお気軽にお声をおかけください!

 

———————————————————————-

 

「はじめまして!

鳥取市出身の市来 秋果(いちき しゅうか)です。

現在、私は神戸市外国語大学でロシア語を専攻しています。

大学卒業後は鳥取県とロシアの架け橋になれるようなお仕事がしたいと考えています。

この4月から1年間、モスクワに留学をするので、こちらのメルマガでは、現地からおもしろい情報や役立つ情報をお届けします!

モスクワでは、日露交流イベントでのフィールドワークを通して積極的にロシアの人々のニーズ調査をしてきます。

皆さまどうぞよろしくお願い致します!」

 

 

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃5┃中国大手旅行会社CTRIP JAPANを訪問、鳥取市をPR

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2/25日、当センター中国コーディネーターは、中国大手旅行会社CTRIP JAPANを訪問し、鳥取市の観光資源をPRしました。

現在、来日中国人観光客はどんどん増えており、東京、大阪等大都会以外、地方に観光に行くニーズも増えてきました。CTRIP JAPANは、これから、着地型の観光商品の開発に力を入れようと考えています。そして、鳥取の豊かな自然や、漫画資源、美食に深く興味を示してくれました。

 今回の訪問を通じて、鳥取市の魅力を感じて頂き、たくさんの鳥取の観光商品が誕生することを楽しみにしています~

 

 

 

 

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃6今、環日本海

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「今、中国」

はじめに:中国では、お金を稼ぐために、田舎から都会に出て、「民工」と呼ばれる多く流動人口がいます。春節前に、仕事を辞めて、一年間貯めたお金を持って、実家に帰り、春節後、再び都会に戻り、新しい仕事を探し、次の稼ぎを始めます。毎年、特に労働力が必要な企業にとって、春節後の人材市場は過酷な戦いです。今年は、春節後の人材市場はどうなっているのでしょうか?

以下は「人民網日本語版」2019年3月1日より転載

春節(旧正月)、今年は2月5日以降、人材市場は需要・供給いずれも活況を呈し、北京・上海・広州・深センは依然、求職・求人募集数が最も多く、春節後の全国平均月収は6014元(約99833円)に達した。中国新聞網アプリが報じた。

〇春節後1週間において職を求める人の数、深センがトップに

春節後、流動人口が都市に戻り再び働き始めたことで、春節後の求人市場にも大きな波が到来した。58同城招聘研究員が26日に発表した「2019年求人傾向報告」によると、春節後の求人指数は深センが全国トップとなった。また、深センは、春節後1週間において職を求める人の数も全国で最多となり、北京、成都、広州、上海がこの後に続いた。

〇北京の雇用ニーズが最大に

求人分野では、春節後の求人数が最も多かった都市は北京、深セン、上海、広州、成都が続いた。首都である北京は、常に、職を求め、就職しようとしている大量の流動人口を惹きつけていると同時に、極めて大量な雇用ポストも提供してきた。北京に続くのは他の一線都市で、職を求める人々にバラエティ豊かな雇用ポストを提供している。

〇求人数最多は一般労働者と技術労働者

求人市場において、具体的にどのような人材が必要とされているのだろうか?報告によると、春節後の全国の求人市場で最も求人数が多いポストは、一般労働者と技術労働者で、セールス、飲食サービス、家事代行/ガードマン、販売員などのポストが続いた。

58同城招聘研究院の李妍・院長は、「企業成長の象徴ともいえる販売職が求人数規模の第2位に入ったことは、各企業が、春節後に会社の発展を積極的に模索し、外部に向かって潜在力を拡大している証だ」と指摘した。

また、報告によると、製造業が回復傾向を呈していることで、雇用ニーズが高まったことも、一般労働者・技術労働者の求人数増加につながった。また、全国求人数ランキングトップ10に入った職種の大部分は、基本サービス業のポストで、衣食住・交通機関など市民生活を網羅する各分野にわたっていた。

「今、ロシア」

皆さんご存知の通り、 2014年にウラジオストク港は自由貿易圏に指定され、2017年の8月から「ビザ緩和」が始まりました。かつては事前に手続きが必要で、費用も1万円ほどかかったが、ビザ緩和以降は、ネットで無料申請ができるようになりました。一般的な観光であれば、沿海州に8日間連続滞在することが可能となっていました。

この背景の中、人口60万程度の港町、ウラジオストクに今、日本人の旅行ブームが訪れています。「日本からいちばん近いヨーロッパ」というキャッチフレーズで、特に女性旅行者たちに注目を集めている。

行政府によると、ネットでビザの手続きができるようになったからウラジオストクを訪ねている日本人が2倍以上増えました、2019年に入ってもその勢いが続いているとのことです。今まで一般の日本人旅行者が気軽に行ける国ではなかったが、人口60万程度の港町、ウラジオストクに今、日本人の旅行ブームが訪れています。「日本からいちばん近いヨーロッパ」というキャッチフレーズで、特に女性旅行者たちに注目を集めています。ウラジオストクの街は非常にコンパクトで、ホテルは中心部に集中しており、安宿が集まる海沿いのエリアから中心部に行く際も徒歩で20分程度です。そして、ロシアでしか買えない雑貨や、珍しいストリートアート、美術館やオペラ劇場、北朝鮮レストラン、見晴らしのいい展望台、カジノなどでいい観光が楽しめるからこそ若い日本の女性旅行者がこれからも増えると思います。

皆さん!ロシアの旅は如何でしょうか?

 

 

 

●━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃7┃     【一期一語】一緒に外国のビジネス用語を楽しく覚えましょう~

┗━●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「今月の中国語」

今月の中国語は、久しぶりに会った友達とのご挨拶、中国語で言ってみよう

①    久しぶりですね       好久不见!      ハオ ジゥ ブージィェン

②    お元気ですか? 你最近过得怎么样?  ニー ズイジン グゥォ デァ ゼンムァ ヤン?

③    家族みんな元気に過ごしています。全家人都过得很好啊。チュェンジャレン ドウ グゥォ デァ ヘン ハオ アー

④    仕事は最近どうですか? 最近工作怎么样? ズイジンゴンズゥォゼンムァ ヤン?

⑤    最近ずっと仕事が忙しくてしょうがありません。 最近一直在忙工作上的事。 ズイジン イーヂー ザイ マン ゴンズゥォ シャン デァ シー

   ではまた!さようなら!  那我走了!再见!  ナー ウォ ゾウ ラ!  ザイジィェン!

「今月のロシア語」

皆さん!ロシア語コーナーへようこそ! 今回は、ロシア語というより、ロシアのライフスタイルについて少し説明したいです。ちなみに「ダーチャ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?多分、ロシアのことを詳しい方々が「ダーチャ」という言葉をよく耳にしましたと思います。「ダーチャ」はロシア語で別荘という意味です。ただ、ロシアの場合いは、郊外にある小さなボロボロの建物でも「ダーチャ」と呼んでいます。笑

ロシアの三分の二の家族がダーチャを持っています、市内から離れると、緑豊かな広い土地と森が広がります。雪が溶けてから、毎週末には郊外のダーチャに出け、土日をダーチャに過ごします。中年の人々、年配の方がダーチャの季節を楽しみにしていますが、

若者は、ダーチャに行くのが「罪」だと思う人は多いです。笑 経済的な理由でダーチャで家族用の野菜などを栽培している人が結構います。そして、自然と接したいからダーチャに行く人も多いです。

もともと別荘は帝政時代からありましたが、ダーチャはソビエト時代に、所属する労働組合が政府から土地を借り受けてそれを生活協同組合の加入者に割り当てるという方式で誕生しました。

皆さん!ダーチャという言葉を覚えましたか?

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 【お問合わせ先】

 ご意見ご感想、本メールマガジンの解除は以下メールにお願いします。

(担当) チェブラコワ・イリーナ  E-mail:irina@tiedec.jp

鳥取市環日本海経済交流センター

〒680-0833 鳥取市末広温泉町160番地日交本通りビル2階

TEL:0857-30-4606 / FAX:0857-30-4607

E-mail:info@tiedec.jp

Homepage : http://www.tiedec.jp

Facebook : https://www.facebook.com/tiedec.jp

 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 ※このメルマガは、「鳥取市国際経済発展協議会」の会員のみなさまへお送りしています。

※本メールは「MS Pゴシック」などの等幅フォントでご覧下さい。

PAGE TOP