鳥取市 環日本海経済交流センター

お知らせ・ニュース

11/22~11/25、沿海地方のレストラン団が来鳥されました!

今年平成28年は、ロシア連邦沿海地方と鳥取県が交流を開始してから25年の記念の年に当たります。この記念事業の一環として、鳥取市友好都市であるウラジオストク市を首都とするロシア連邦沿海地方ミクルシェフスカヤ・イリーナ知事夫人、コバリョフ・イリヤ副知事が来日されました。又、知事団と併せて企業関係者も来日され、経済団、文化団、レストラン団等総勢33名もの多くの方が訪問されました。

私(チェブラコワ・イリーナ(ロシアコーディネーター))は、11月22日から25日まで沿海地方レストラン団に随行しました。沿海地方の一番有名なレストランのシェフとレストランオーナー、6名が鳥取県に滞在されました。

今回「全日本司厨士協会鳥取県本部米子支部」の皆さんにご協力いただき、そのお陰で沿海地方レストラン団は、とても有意義な時間を過ごされたようです。

今回のスケジュールで中心となったのが「沿海地方の食材提案及び県産品を使った料理教室」でした。米子市にある(株)UCCフーズの調理室を借りて、「日露料理教室」が4時間かけて行われました。この料理教室に参加していた参加者の方は、「とても美味しかった」、「こんな珍しい料理で、よかった」、「ロシアに行きたくなってきた」等というコメントを言われていました。

沿海地方のレストラン団の訪問は短い間でしたが、とても素晴らしい取組ができたと思います。

11月22日から25日まで行われた日露料理教室、鳥取県民との出会い、鳥取県の視察した企業との交渉を通じて、信頼関係が生まれました。この生まれた信頼関係を生かしながら、節目の年だけでなく、ずっと交流を続けて欲しいなぁと思います。

 rest dan 2 rest dan 5 Rest danrest dan 33

PAGE TOP