鳥取市 環日本海経済交流センター

お知らせ・ニュース

第23回大連北前船フォーラム参加のレポート

今年は日中平和友好条約を締結してから、節目の40周年を迎え、海外交流記念事業として、2018年5月25日~5月28日まで、第23回北前船寄港地フォーラム&第3回日中観光大連ハイレベルフォーラムが中国大連で開催されました。今回のフォーラムは、日本側から約750名、中国側は300名、合計およそ1000名の参加者で、盛大に行われました。幸いに、私は鳥取市環日本海経済交流センターの職員として、参加させていただき、これまで、日中友好事業、日中ビジネス事業に尽力を頂いている関係者の皆様とお会いして、懇談する機会を持つことができました。

5月26日に開催されていた北前船フォーラムにて、鳥取県の鳥取市等新たな13の自治体が「北前船寄港地」として「日本遺産」に追加認定されたお祝いの式典を行われました。また、中国から研修で来鳥した経験を、1000名の前でスピーチされている方の姿もありました。その方は、上海市観光局の局長である徐未晩(シュ.ウェイワン)女士でした。参加者が国境を超えて懇談している様を見て、鳥取市の急速な国際化の進展を感じました。

これからの社会は、あらゆる分野で世界基準が求められる社会となるでしょう。今回の事業を通じ、多様な人的交流はもちろん、お互いに異なる物の考え方や、アプローチがあること、そして、異文化への理解が不可欠ことを改めて深く感じました。

大連20180531151603 大連20180531151626 大連20180531151639

 

 

PAGE TOP