鳥取市 環日本海経済交流センター

お知らせ・ニュース

8月4日、鳥取市立久松地区公民館で開催された「マトリョーシカの絵付けをしょう」の参加について~

8月4日、鳥取市立久松地区公民館で夏休みの事業「マトリョーシカの絵付けをしよう」というイベントが開催されました。もちろん、このイベントは、ちゃんとソーシャルディスタンスなどを守りながら行われました。

当センターのロシアスタッフは、講師として2回目の参加でしたが、実際に、マトリョーシカの絵付けを教えたのは日本人のスタッフです。(笑)私の役割はロシアの文化紹介などでした。鳥取市立久松地区公民館のスタッフの皆さんによると、4月に直接ロシアへマトリョーシカの白木を注文して、7月に手に入りました。日本人のマトリョーシカへの愛は半端ないと改めて感じました。なんと、麒麟獅子の顔をしているマトリョーシカを作った方もいました。誰がこんな作品を作ったのかなとよく見たら、「久松山を考える会」の亀屋会長でした。(笑)亀屋さんから鳥取弁について色々教えていただきました。久松地区公民館の皆さんで栽培しているミニトマトまで頂きました。久々に国際交流に参加できて、とてもハッピーでした。

鳥取市立久松地区公民館の皆さん!本当にスパシーバ!

 

116697585_3316859595024394_4206749113810170700_n 116724760_3316858888357798_6039982756471297786_n 116882348_3316858951691125_2523417446667916063_n

PAGE TOP