鳥取市 環日本海経済交流センター

お知らせ・ニュース

19日、東京では、第6回日露投資フォーラムが予定通り開かれた。

 19日、東京では、第6回日露投資フォーラムが予定通り開かれた。日露双方から950名の参加になった。主催者は、経済産業省、ロシア経済発展省、日露貿易投資促進機構である。

 開かれたフォーラムについて全ロシア社会団体実業ロシア」のレピク議長は次のように語っている。 「両国間では、これほど大 きな相互関心が持たれたことはこれまでになかった。今、協力の可能性を逃すのは、許しがたい過ちとなるだろう。日本企業は現在、ロシア市場を実際に開拓できる。日本は最近、ロシアの極東地域に真剣に照準を定めている。サハリン1やサハリン2などの大規模プロジェクトだけではない。今回の投資フォーラムに向けて、農業やバイオテクノロジーの開発プロジェクトなど、非資源分野に関するたくさんの方向性が発表された。日本の技術が注目される環境分野や廃棄物のリサイクルに関する重要プロジェクトの策定では、日本企業と積極的な対話が行われている。」

http://www.forumspb.com/ru/2014/sections/29/materials/216/activities/12

PAGE TOP